2000年4月から介護保険制度が実施され、地域に密着した介護サービスの充実が期待されています。 21世紀は、「参加する」「支える」をキーワードにNPOの活動に大きく期待が寄せられています。 特に地域に暮す高齢者、 障害者は介護について、情報や身近な相談相手がいない状況です。

 私たちは、援助が必要な高齢者やその家族、その他の手助けを必要とする人々に対して、 住民参加と助け合いの精神のもとに、地域に根ざした介護支援、介護相談、介護者の育成、教育等を提供し、 全ての人々が健やかに暮らせる地域社会づくりを目指します。

また、介護保険創設にともない直接のサービスから独立して、利用者本位 のサービスの紹介,調整などを主目的とした ケアマネジメントを真摯に作り上げていくことを目的として、超高齢社会の諸問題に取り組むべく、居宅介護支援を柱とした介護サポート事業を 行うことを決意いたしました。

 私たちは、特定非営利活動促進法の立法精神に則り、非営利のボランティア団体として、コミミュニティーに根ざして、すべての人々が安心して暮らせる地域社会づくりに貢献し、あわせて社会福祉のために力をつくします。

 ☆2020年7月 勉強会のお知らせ☆

○ 「コロナウイルスによる介護業界の取り組みと課題
  (3密を避けるために今回の勉強会は1時間半とします)

 

日時:2020年7月28日(火) 18:30〜19:30

場所:渋谷区勤労福祉会館 第1洋室 (地図)

(90名定員収容の部屋を45名定員とします。1事業所1名先着順)

  勉強会のお知らせ・申込書のダウンロード


 

 ☆「コロナウイルスの現状と課題」☆

○ 「コロナウイルスの現状と課題」について、日本赤十字医療センター呼吸器内科部長出雲先生を講師にお招きし勉強会を行いました。参加者は24名。渋谷区内の地域包括支援センター職員や居宅介護支援事業所のケアマネジャーが集まりました。

中野区や埼玉県からも参加がありました「コロナウルイスの細かい点まで説明してくださり、勉強になった」「これまでのコロナに関する情報や知識が整理され、改めて注意する意識がたかまりました」等のご意見をいただきました。

 
<資 料>  7月28日勉強会のチラシ

○ 「コロナウイルスによる介護業界の取り組みと課題」コロナ問題第2弾では、 訪問介護、ショートステイ等の担当者からコロナウイルスによる影響や問題点、今後の在り方等について シンポジウム形式にて意見をいただきます。
みなさま、ふるってご参加ください。




 

個人情報の取扱い規定



(C) 2010 渋谷介護サポートセンター